MENU
わずか50記事で月20万稼ぐ!ブログ記事の書き方

【衝撃】Rank Trackerは絶対導入すべき【料金・使い方を徹底レビュー】

2020 5/16
【衝撃】Rank Trackerは絶対導入すべき【料金・使い方を徹底レビュー】
りゅうのアイコン画像りゅう
こんにちは。のりゅう(@ryu_skill_up_1)です。

今回は、SEO検索順位チェックツールの「Rank Tracker(ランクトラッカー )」について解説します。

僕自身30記事を超えたタイミングで、Rank Trackerを導入したのですが、控えめにいって、めちゃめちゃ使えます!!

ブログでライバルに差をつけたいなら必須のツールです。

今回は、

  • Rank Trackerの魅力
  • SEO検索順位ツール「GRC」との比較
  • Rank Trackerの登録方法
  • Rank Trackerを120%使いこなす方法

について、お話ししたいと思います。

 

目次

Rank Trackerとは?

Rank Tracker(ランクトラッカー )とは、GRCと並ぶ、有名なSEO検索順位チェックツールです。

検索順位チェックツールの主な機能は「自サイトのキーワード毎の順位の自動チェック」。

順位変動を手動でチェックしようすると、サーチコンソールからデータを落として、加工したりとかなりの手間がかかります。

しかし、ツールを使えば、ボタン一つで順位変動が確認できます。

 

さらにRank Trackerが特徴的なのが、「キーワード選定(競合性、難易度の調査)」の機能があることです。

キーワードの競合性、検索ボリューム、難易度を考慮した上で、狙うべき穴場キーワードが、簡単にザクザク見つかるのです。

 

りゅうのアイコン画像りゅう

僕は記事数も増えてきたので、順位を自動でチェックしたいと思い、Rank Trackerを導入したのですが、

キーワード選定の機能が嬉しい誤算でした。

穴場キーワードが今までの十分の一ほどの時間で見つけられちゃうのです。

キーワード選定とは?という方は以下の記事をみてみてください。

あわせて読みたい
キーワード選定のコツ|狙いやすいキーワードも解説。
キーワード選定のコツ|狙いやすいキーワードも解説。キーワード選定と聞くと何だか難しそうと感じる方も多いのではないでしょうか。僕もブログを始めたての頃、キーワード選定を勉強したもののよくわからず、おろそかにし...

Rank Trackerを使ってみて超便利と感じた機能

Rank Trackerの役立つ機能について、詳しくお話しします。

 

ロジカルなキーワード選定が一瞬でできる

キーワード選定の際には以下要素を考慮する必要があります。

キーワード選定の軸

  • 検索ボリュームの大きさ→大きい
  • 競合が多さ→少ない
  • 競合の強さ→弱い

これらをマニュアルで確認する場合、Google Analyticsで一つ一つキーワードをチェックしていく必要があり、骨が折れる作業です。

特に「検索ボリュームが大きく」、「競合が少ない」キーワードを見つけるのは至難の技です。

 

しかし、Rank trackerは、2つの数値を見るだけで、狙うべき穴場キーワードが選定できてしまいます。

穴場キーワードの選定方法

  • KEI →グリーン
  • キーワードの難易度→グリーン

のキーワードを選ぶのみ

「KEI」は、検索ボリュームが大きく、競合が少ない、穴場キーワードを選定する指標です。

 

KEIは以下の式で算出されます。

KEI=(検索キーワードの月間検索回数)の2乗 ÷ 競合数

 

KEIがグリーン(数値が大きい)のキーワードが、検索ボリュームが大きく、競合が少ない穴場のキーワードになります。

 

もう一つの指標が「キーワードの難易度」です。

各サイトのSEO指標(外部リンクの数、ページ上の最適化率、ドメインパワーなど)を総合的に判断して、スコア化した指標です。

キーワードの難易度がグリーン(数値が小さい)のキーワードが、難易度が低いキーワードとなります。

 

まとめると、

 

  • KEI →グリーン
  • キーワードの難易度→グリーン

のキーワードを選べば、キーワード選定は完了となります。

 

キーワードの順位が一瞬で管理できる

キーワード毎の検索順位を設定したタイミングで自動で取得することができます。

サーチコンソールなどで順位は見れますが、どれが下がっていて、上がっているのかを一目で見るのは難しいです。

早めに順位変動をキャッチすることで、リライトなどの効果的な改善をすることができます。

 

ライバルサイトのキーワードが一発でわかる

ライバルサイトとのキーワード比較がかなり使えます。

キーワード比較を使うことで、ライバルサイトがどのキーワードで上位を取っているかがわかります。

つまり、稼いでいるブログのキーワードが一発でわかるのです。

例えば、月200万円以上を稼ぐ、TsuzukiさんのTsuzuki Blogさんと比較した結果がこちらです。

個人的にこのやり方が一番新しいキーワードを見つけることができます。

ブロガーさんであれば、ライバルのサイトを研究して、同じやり方をまずはやってみることが重要と言うことはよく聞くと思います。

最近伸びた個人ブロガーさんのキーワードをトレースすることで、自分のサイトも伸ばすことがです。

 

Rank TrackerとGRCの比較【Rank Trackerがおすすめ】

SEO検索順位チェックツールには、もう一つ有名なツールとして、GRCがあります。

Rank TrackerとGRCどちらがよいかですが、結論Rank Trackerがおすすめです。

 

一番大きなポイントは、繰り返しになりますが、非常に使えるキーワード選定機能はRank Trackerのみだからです。

他の点も含め、どんな違いがあるか詳しくみていきましょう。

 

検索ボリュームが自動で収集できる

Rank trackerは自動で検索ボリュームが取得できます。

一方GRCは1度キーワードプランナーなどの検索ボリュームツールからエクスポートしたcsvファイルをGRCにインポートする必要があります。

手間がかかる上に、リアルタイムで検索ボリュームが見れないのが欠点です。

GRCには、月間検索数を自動的に取得する機能はありませんので、次のいずれかの方法でご自身で数値を入力してください。

・ [ファイル]-[CSVファイルのインポート] で、月間検索数をCSVファイルからインポートする
・ 月間検索数の列をダブルクリックして、値を入力する
・ [編集]-[その他の編集機能]-[月間検索数の入力] で、値を入力する

引用元:https://seopro.jp/support/q/567336

 

キーワード選定ができる

繰り返しになりますが、Rank trackerは上記で述べた検索ボリュームのほか、キーワードの難易度や競合性まで確認できるため、キーワード選定も一発でできます。

GRCはあくまでも検索順位測定ツールなので、キーワード選定はできません。

 

Macでインストールするだけで使える

後ほど登録方法を解説しますが、Rank trackerはMac/Windowsの両方に対応しています。

また、インストールして5〜10分で簡単に使えるようになります。

一方、GRCはMacに導入する場合、仮想デスクトップの導入などが必要になり、パソコンに詳しい人でないと少し難しいです。

キーワード登録数の制限がなし

Rank trackerは、キーワード登録数の制限がありません。

GRCは料金により制限があるため、登録するキーワードを都度精査する必要があります。

 

例えば、GRCのスタンダートプランであれば、キーワードの登録数は500です。

100記事書くだけで派生語など含めると500は余裕で超えてしまいます。

これから記事数を増やしていくのであれ、キーワード制限がない方がよいですね。

 

UIが見やすい

Rank TrackerとGRCでを見比べてもらうと一目瞭然ですが、

GRCは10年前のツールのような見た目なのに対し、

Rank trackerは今風の見た目で、直感的な操作もしやすいです。

りゅうのアイコン画像りゅう

使うならカッコいいツールの方がテンションが上がりませんか?笑

 

料金は長期で利用する前提で、Rank Trackerの方が安くなる

GRCよりrank trackerの方が機能が盛り沢山ということはわかったかと思います。

そして、気になるのが料金。

GRCの料金は以下の通りです。

キーワード数が500では100記事前後で、達してしまうため、利用するならスタンダートプランとなるでしょう。

<GRCの料金>

ベーシック スタンダード エキスパート プロ アルティメット
料金 (税抜) 4,500円 9,000円 13,500円 18,000円 22,500円
(月額換算) 375円 750円 1,125円 1,500円 1,875円
URL数 5 50 500 5,000 無制限
キーワード数 500 5,000 50,000 500,000 無制限

 

一方Rank Trackerの料金は以下の通り。

<Rank Trackerの料金>

プロフェッショナル エンタープライズ
料金 $124(12,772円) $299(30,797円)
(月額換算) $10.3(1,061円) $24.9(2,565円)
URL数 5 10
キーワード数 無制限 無制限

※1$=103円で計算(2020/3/9のレート)

 

こちらは、キーワード数が無制限なので、プロフェッショナル版で十分です。

月額換算でRank Trackerの方が300円高いですが、キーワード選定もできることを考えると300円くらいであれば、ということで僕はRank Trackerを選びました。

※確実には言えませんが、Rank trackerは更新後の費用が格安になるというレビュー記事も、目にするので、さらに安くなる可能性はあります。こちらは更新時にまたレポートします。

 

ダウンロードして、触ってみることは無料でできるので、実際に触ってみて判断するでも良いと思います。

(無料版はキーワードの保存ができません。)

 

Rank Trackerの登録方法

続いてRank Trackerの登録方法をお伝えします。

Rank Trackerをインストール

Rank Tracker」のサイトにアクセス。

「お名前」と「メールアドレス」を入力し、「RANK TRACKERをダウンロードする」をクリックすると、ダウンロードが始まります。

 

ダウンロードが完了したら、exeファイルをクリックし、実行します。

 

言語は「Japanese(日本語)」を選択し、「OK」をクリックする。

 

「次へ」をクリック。

 

ライセンス契約書に「同意する」をクリック。

 

Rank Tracker以外のインストールは不要なので、Rank Tracker以外のチェックを外し、「次へ」をクリックします。

 

「インストール」をクリック。

 

「完了」をクリックする。

Rank Trackerの初期設定を行う

次に初期設定を行なっていきます。

自分のサイトのURLを入力し、「次へ」をクリック。

 

グーグルアナリティクスとサーチコンソールの設定します。

それぞれ、手順に従って登録しましょう。

 

設定が完了したら、「次へ」をクリックします。

 

キーワードの入力は後ほど可能なので、ここでは何も操作せず「次へ」をクリックすればOKです。

 

次に使用する検索エンジンを設定します。

初期表示はUSAになっているので、Japanに変更します。

 

上記画像のように、USAを削除し、Japanの「Google.co.jp」「Google.co.jp (Mobile)」を設定しましょう。

 

これで初期設定は完了です。

 

有料版(プロフェッショナル)ライセンスの購入、設定

続いて有料版ライセンスを購入し、設定していきます。

Rank Trackerの注文ページにアクセスし、「PROFESSINAL」の「今すぐアップグレード」をクリックします。

 

必要情報を入力し、「ORDER NOW」をクリックし、購入手続きを進めます。

 

購入が完了すると、上記のようなメールが届いているのを確認します。

 

メール本文に書いてある「Registered by」「Registration key」をツールに入力していきます。

 

「ヘルプ」→「情報を登録」を選択します。

 

「登録者」と「登録キー」を入力し、「OK」をクリック。

これで、登録は完了です。

 

Rank Trackerの使い方

ここではRank Trackerの基本的な使い方を解説します。

キーワードの追加

トラッキングするキーワードを追加する方法です。

「キーワードの追加」をクリック。

 

キーワードを入力して、「次へ」をクリック。

これでキーワードは登録完了です。

 

表示する項目をカスタマイズ

表示する項目をカスタマイズします。

右上のアイコンをクリック。

 

左側にチェックを入れた項目が設定されます。

ちなみに僕が設定している画像は以下を参照してください。

 

自動で検索順位を更新する設定

毎日自動で検索順位を更新する設定をします。

 

「スケジューラー」を選択。

 

「追加する」をクリック。

 

「検索エンジンのランキングを確認」にチェックをし、「次へ」をクリック。

 

「次へ」をクリック。

 

赤枠内に、自動更新する日時を設定し、「次へ」をクリック。

 

「完了」をクリック。

 

まとめ

Rank Trackerは検索順位チェックツールですが、キーワード選定もできる優れものです。

穴場キーワードを探して、ライバルに差をつけたい人は必見のツールです。

ぜひチェックしてみてください。

 

【残り2名】月20万円を本気で目指す!ブログマンツーマン0円講座

トップアフィリエイターがマンツーマンで指導。

【選ばれた人だけが受講できる】

『ブログマンツーマン0円講座』の2期生を募集中です。

応募期限は7/15まで

詳しくは↓

【残り2名】トップアフィリエイター直伝!0円マンツーマンブログ講座【月20万を目指せる】

この記事を書いた人

【令和の新キャリア】本業×副業で稼ぐ会社員

・本業:コンサル 副業:ブロガー
・本業+副業年収1300万
・仕事と趣味をブログでアウトプットして収益最大化

【経歴】国立大▶︎キャバクラ勤務▶︎SE▶︎コンサル▶︎ブロガー | TOEIC935 | 29才

目次
閉じる