MENU
わずか50記事で月20万稼ぐ!ブログ記事の書き方

ブログ記事の最適な文字数は○○字です。自然に文字数が伸びる方法も解説。

2020 4/04
ブログ記事の最適な文字数は○○字です。自然に文字数が伸びる方法も解説。
のアイコン画像

・ブログ記事の文字数って何字がいいの?

りゅうのアイコン画像りゅう
こんにちは。副業ブログ歴2年(最高収益月22万円)のりゅう(@ryu_skill_up_1)です!

今回は、ブログに取り組む人なら誰しもが疑問にもつ、ブログの文字数についてにお答えしたいと思います。

 

結論から言うと、文字数は何文字でも良いです。

文字数によって評価されることはありません。

ただ基準となる文字数を強いて数字をあげるとすれば、2000〜3000字です。

この記事では、

  • ブログ記事に最適な文字数
  • 文字数を自然に増やす方法
  • 文字数を増やすNGな方法

についてお話しします。

目次

ブログ記事の文字数は2000〜3000字がちょうどよい理由

ブログ記事の文字数が2000〜3000字がちょうどよい理由は3つです。

文字数が2000〜3000字がちょうどよい理由

  • Googleの評価観点である網羅性が満たせる
  • 2000字以下だと抽象的になる
  • 5000字を超えると長く感じる

順に見ていきましょう。

Googleの評価観点である網羅性が満たせる

Googleは記事の評価に文字数は関係ないと明言しています。

しかし、文字数が間接的に関係する評価観点が網羅性です。

 

Googleは記事の評価観点として、記事の内容に網羅性があるかを設けています。

具体的言えば、ある商品のレビュー記事を書くとき、金額の面だけでなく、品質や使いやすさといった面から書くほうが網羅性が高いといえます。

 

網羅性を満たすには、それなりの文字数が必要になります。

 

例えば、商品のレビュー記事

  • 商品の概要
  • 商品のメリット
  • 商品のデメリット
  • 商品のおすすめな人
  • まとめ

といった観点で書くと、2000字は自然といくでしょう。

 

2000字以下だと抽象的になる

経験上、2000字以下だと記事の内容が抽象的になります。

なぜなら具体例を書けないからです。

例を出します。

具体例がない場合

結論:ブログのタイトルには数字を入れるべき

理由:なぜなら数字を入れた方がインパクトがあるから

なんとなく伝わると思いますが、「まぁ確かにそうだよねー」程度であり、具体的にイメージしずらいのではないでしょうか。

また、具体例を書かないと文章に独自性が出ないので、印象に残りません。

この結論と理由に具体例を追加します。

具体例がない場合

結論:ブログのタイトルには数字を入れるべき

理由:なぜなら数字を入れた方がインパクトがあるから

具体例:

例えば、

「稼ぐための文章術」
「月100万円ブロガーが伝授する文章術」

数字を入れた方がインパクトがありませんか?

このように具体例を提示できると説得力がまします。

5000字を超えると長く感じる

5000字を超える文章は読み手に長いなと思われる可能性が高いです。

もちろん、長い文章が効果的な場合もありますが、

文章が長くなる場合は、視覚的に読みやすい文章を書く必要があり、難易度が少し高めです。


文字数が2000〜3000字がちょうどよい理由

  • Googleの評価観点である網羅性が満たせる
  • 2000字以下だと抽象的になる
  • 5000字を超えると長く感じる

これら3つの理由から、適切な文字数は2000〜3000字ほどと考えられます。

 

文字数を自然に伸ばす方法

文字数は記事の評価に直接的に関係ないといっても、初心者の頃なかなか文字数が伸びず悩む方も多いと思います。

そこで文字数を自然に伸ばす方法を解説します。

文字数を自然に伸ばす方法

  • 書き方の型に倣う
  • ライバルサイトから切り口を盗む
  • その分野についてもっと学ぶ

順に説明していきます。

書き方の型に倣う

ブログの文章を書くには、記事の型に沿って書けばOKです。

例えば、「結論→理由→根拠→具体例」という順序で書くと自然と文字数も増えてきます。

 

ブログ記事の書き方について、詳しくは以下を参照してください。

あわせて読みたい
【有料級】ブログの書き方|1記事で167万円稼いだ筆者が誰でも文章が書ける方法を解説。
【有料級】ブログの書き方|1記事で167万円稼いだ筆者が誰でも文章が書ける方法を解説。今回は、ブログ記事の書き方で悩んでいる方向けにブログの書き方をお話ししてきます。【ブログの書き方の重要性:100記事を無駄にした話】 僕は約2年前にアフィリ...

ライバルサイトから切り口を盗む

文字数が増えない理由として、切り口が思いついていないことが原因ということは多くあります。

具体例で説明します。

例えば「自己紹介の記事を書く」というお題があるとします。

皆さんは何を書くでしょうか?

  • 年齢
  • 仕事
  • 趣味

などは思いつく人が多いと思います。

 

では、「自分の中学生の時に熱中した遊び」はどうでしょうか?

恐らく思いつかなかった人が多いと思います。

でも聞かれたら答えられる人が多いのではないでしょうか。

 

このような、思いついてないけれど、聞かれた答えられる切り口は沢山あります。

 

ブログの場合、ライバルの記事を見れば、簡単に観点を盗むことができるのです。

(念のための注意ですが、内容はパクらないようにしましょう。)

あわせて読みたい
個人ブロガー必見!ブログの文章の構成方法を解説します。
個人ブロガー必見!ブログの文章の構成方法を解説します。 僕もブログを始めた頃は、1日1記事書くという目標を建てたものの、何を書いて良いかよくわからず、思うがままに書きまくっていました。しかし、適当に書いた記事...

その分野についてもっと学ぶ

文字数が増えない原因として、そもそも書こうとしている分野について、知識や考えが深くないという場合があります。

逆に言うとその分野に詳しければ、書く内容には困らないはずです。

 

例えば僕はブログ術については、10000字でも20000字でも書くことができますが、

女性の化粧品についてであれば、おそらく100字も書けません。

まずは、書きたい分野について、沢山インプットをして、思考を巡らしてみましょう。

 


文字数を自然に伸ばす方法

  • 書き方の型に倣う
  • ライバルサイトから切り口を盗む
  • その分野についてもっと学ぶ

 

文字数を伸ばすNGな方法

続いて、文字数を伸ばすときにやってはいけないことです。

文字数を伸ばすNGな方法

  • 無駄な文章で引き伸ばす
  • キーワードを不自然に入れ込みすぎる

順に説明します。

無駄な文章で引き伸ばす

記事に関係ない文章を入れたり、だらだら同じようなことを書いて、文字数を伸ばすのは絶対NG。

読みにくい文章はすぐに離脱され、記事の評価を下げてしまいます。

 

キーワードを不自然に入れ込みすぎる

無駄な文章にも関連しますが、キーワード入れ込みまくるのもNGです。

 

例えば以下のような文章。

文字数を稼ぐためには、文字数をわざと増やそうとするのでなく、文字数が自然に増えるように、文字数を意識すること」

めちゃくちゃ読みに食いですよね。

 

キーワードを入れ込みまくると、めちゃくちゃ読みに食い文章になり、離脱されますので、避けましょう。

 


文字数を伸ばすNGな方法

  • 無駄な文章で引き伸ばす
  • キーワードを不自然に入れ込みすぎる

どうしても文字数が伸びなければ後でリライトすれば良い

どうしても文字数が伸びない場合は、

無駄な文章を書いて文字数を稼いで読みにくくなったり、

考え込んで時間をロスするより、

新しい記事を書いた方が良いです。

 

量をこなしているうちに、その分野に詳しくなって、どんどん書ける内容が増えてきます。

ブログを伸ばしていくために、リライトは必須なので、何度書き直してもオッケーです。

「あとでリライトすればいいや」くらいに思って、どんどん新しい記事を書きましょう。

まとめ

文字数はGoogleの記事評価基準ではないので、無理に文字数を稼ぐ必要はありません。

一番意識すべきなのは、読者が読みやすい文章になっているかです。

読者ファーストの記事を書いた結果の文字数が最適な文字数です。

 

変に意識しすぎずに、まずは文章の型を意識して分かりやすい文章を書く練習をしましょう。

 

【残り2名】月20万円を本気で目指す!ブログマンツーマン0円講座

トップアフィリエイターがマンツーマンで指導。

【選ばれた人だけが受講できる】

『ブログマンツーマン0円講座』の2期生を募集中です。

応募期限は7/15まで

詳しくは↓

【残り2名】トップアフィリエイター直伝!0円マンツーマンブログ講座【月20万を目指せる】

この記事を書いた人

【令和の新キャリア】本業×副業で稼ぐ会社員

・本業:コンサル 副業:ブロガー
・本業+副業年収1300万
・仕事と趣味をブログでアウトプットして収益最大化

【経歴】国立大▶︎キャバクラ勤務▶︎SE▶︎コンサル▶︎ブロガー | TOEIC935 | 29才

目次
閉じる