MENU
わずか50記事で月20万稼ぐ!ブログ記事の書き方

ブログには何を書く?ブログの発信テーマ(ジャンル)の決め方

2020 5/08
ブログには何を書く?ブログの発信テーマ(ジャンル)の決め方
のアイコン画像

ブログの発信テーマが決まらない・・・
広告単価が高い発信テーマにすべき?それとも自分の好きな分野がいい?
りゅうのアイコン画像りゅう
こんにちは。パーソナルブロガーのりゅうです(@ryu_skill_up_1)です!

ブログを始める時、誰もが最初にぶつかる壁が、何についてブログを書くかということだと思います。

そして、迷った結果、何となく自分の書けそうなことをピックアップして、雑記ブログを書いていくというパターンが多いのではないでしょうか。

しかし、そのような雑記ブログで稼げることはありません。

雑記ブログはネタ切れも少なく、書きやすいかもしれませんが、見る人からすると、どれも情報が薄いため、あまりメリットがありません。

 

稼ぐためには自分の専門分野を決めて、専門家として情報を発信する必要があります。

専門分野を決めることで、「○○といったらこの人!」と認知され、多くのファンを獲得することができます。

この記事では、ブログで発信する専門分野を決める4ステップをお話していきます。

LINEに登録して頂くと、発信テーマについて直接メッセージで相談することができます。

さらに、期間限定で「95%のブロガーが知らないブログ稼ぎ方講座」の無料動画も配信しています。

↓↓登録はこちらから↓↓

友だち追加

目次

専門分野の決め方は4ステップ

専門分野の決め方は4ステップです。

専門分野の決め方

ステップ①:自分の好き、得意、興味がある分野を洗い出す
ステップ②:ライバルを調査
ステップ③:需要を調査
ステップ④:①〜③をもとに専門分野の決定

まずは

ステップ①で自分の好き、得意、興味がある分野を洗い出し、ステップ②ではステップ①で洗い出した分野について、ライバルがどれだけ強いかを調査します。

そして、ステップ③ではどれくらい需要があるかを確認し、最後にステップ④で自分の専門分野を決定します。

りゅうのアイコン画像りゅう
それでは、次からステップ毎に説明していきます!

ステップ①:自分の好き、得意、興味がある分野を洗い出す

まずは、自分の好き、得意、興味があることを10個以上書き出しましょう。

この段階では、自分が思いつくままに制限なしで書き出してください。

どんな些細なことでも構いません。

また「これはさすがに稼げないだろう」と思えることでも、書き出してください。

野球観戦、ネット動画鑑賞など、一見趣味と思えることでも構いません。

どんな分野でも、人の役に立つことであれば需要があります。

思いつかない時のヒント

「自分の好きな分野って言われても、そんな10個も思いつかないよ・・・」

という方もいらっしゃると思います。

そんな時は、以下をヒントに考えてみてください。

・スケジュール帳や友達とのラインを見返してみる

スケジュールやラインを見返すことで、自分が忘れていた興味のある分野が見つかります。

・2021年予想など、これから流行りそうな分野をチェックする

これから流行りそうな分野は、現段階では取り組んでいない人も多く、大きなチャンスが転がっています。

現時点では知らなくても、これから勉強して行けば、十分稼げる可能性を秘めています。

・興味はあるけど、あまり知らない分野がないか考える

そこま詳しくはないけど、興味がある分野がないか今一度確認してみましょう。

ステップ②:ライバル調査の実施

次はステップ①で洗い出した分野をブログで発信しているライバルを調査していきましょう。

ライバルを調査の目的は、どのくらいライバルがいるか、ライバルの強さを調査し、その分野に参入すべきかの判断をすること。

ライバル調査は非常に重要ですが、めんどくさがってやらない、そもそも調査方法がわからないという人が大半。

そのためイバル調査を行うだけで、かなりの差をつけることができます。

 

是非、お休みの日にでも、じっくり取り組んで見てください。

りゅうのアイコン画像りゅう
もしわからないことがあれば、Twitterからご質問くださいね。(@ryu_skill_up_1

 

それでは具体的な方法を説明していきます。

ライバル調査は以下の2つの手順で行います。

ライバル調査の手順

  1. ステップ①で洗い出した分野の関連キーワードで検索する
  2. 上位10傑にランクインしている個人・企業のアフィリエイトサイトについて、記事数及び記事の質をチェックする

1, ステップ①で洗い出した分野の関連キーワードで検索する

ステップ①で洗い出した、自分の好き、得意、興味のある分野のキーワードで検索をします。

例えば、街コンの分野について、ライバル調査を行うとします。

まずは、「街コン おすすめ」「街コン 感想」など街コン分野のキーワードでgoogle検索します。

なお、関連キーワードが思いつかない場合や、関連取得ツールにキーワードを入れると、関連キーワードが洗い出せます。

2.上位10傑にランクインしている個人・企業のアフィリエイトサイトについて、記事数及び記事の質をチェックする

少しイメージしずらいかもしれないので、具体例からお話しします。

各分野の関連キーワードで検索すると、以下のように検索結果が表示されます。

サイトには大きく、

  • 企業の販売サイト
  • 企業のアフィリエイトサイト
  • 個人のアフィリエイトサイト

があります。

結論から言うと、企業の販売サイト、企業のアフィリエイトサイトがひしめき合っているジャンルは参入が難しいです。

企業の販売サイトとは、実際に商品・サービスを販売しているサイト。

街コンだと街コンを実際に運営している街コンジャパンなどが企業の販売サイトにあたります。

信頼性の高い販売サイトが上位に来ているワードで検索上位を取るのは、ほぼ不可能といって良いでしょう。

 

次に、企業のアフィリエイトサイトとは、広告収入を目的としたアフィリエイトのうち、企業が運営しているサイト。

企業が運営しているか個人が運営しているかは、運営者情報、プロフィールなどのページを見ればわかります。

企業の運営しているサイトはライターさんなどを雇っているサイトが多く、なかなか量勝負では勝てません。

ただ質はあまり高くない場合も多く、勝てる可能性はあります。

 

最後に個人のアフィリエイトサイトは、個人が運営しているアフィリエイトサイトで、皆さんがメインで戦っていくライバルとなります。

個人のアフィリエイトサイトが多ければ、質やコンセプト次第次第で上位表示が可能なジャンルということになります。

例えば、「街コン 感想」で調べると、企業販売サイト、企業アフィリエイトサイト、個人アフィリエイトサイトなどがヒットします。

3位に個人のアフィリエイトサイトがランクインしており、個人でもランクインできる可能性はあると判断できます。

 

次に上位10傑にランクインしている一つ一つのサイトの中身を確認していきます。

この際、企業の販売サイトは戦う対象では無いので、確認の対象外として、企業・個人のアフィリエイトサイトのみを対象としましょう。

 

確認の観点としては、各サイトの街コンに関する記事数、記事の質について確認します。

すると、ほとんどのブログが、

  • 街コンを専門に扱うサイトでなく、雑記ブログ(転職、ゲームなど複数の分野について書いているブログ)が多い
  • 街コンに関する記事数は各ブログとも2、3記事程度
  • 街コンの感想記事も個人の感想レベルで、他の街コンとの比較など分析の観点では書いていない

ということがわかりました。

この状況ならば、街コンの分野に特化して、実体験ををもとに、街コンの比較や細かい観点での分析記事を書くことでライバルに勝つことができると判断できます。

 

一方、「マッチングアプリ おすすめ」で検索すると、こちらも多くのサイトがヒットしますが、どのサイトも数十個以上のマッチングアプリをとても詳しく比較分析していて体験談も豊富でした。

↓1位のサイト。なんと20000万字超えでイラストも豊富。このようなクオリティーのサイトが10位までズラり。。

うかつにマッチングアプリに参入しても、なかなか稼げないと言うことがわかりますね・・・

 

ライバル調査の手順まとめ

いかがでしたでしょうか。

ライバル調査の手順について再度まとめます。

ライバル調査の手順

1. その分野の関連するキーワードで検索する

ステップ①で洗い出した、自分の好き、得意、興味のある分野のキーワードで検索をします。

関連キーワードが思いつかない場合、関連取得ツールにキーワードを入れると、関連キーワードが洗い出せます。

2. 上位10傑にランクインしている個人・企業のアフィリエイトサイトについて、記事数及び記事の質をチェックする

といった2段階で分析しましょう。

ステップ③:需要の調査

次にステップ①で洗い出した、自分の好き、得意、興味のある分野の需要があるのかを確認していきましょう。

ここでの需要とは、伸びている業界なのか、すたれてきている業界なのかの程度でかまいません。

例えば、紙の新聞やすたれていっている一方、グノシーなどのネットニュースサービスは伸びています。

あくまでもステップ①、②だけでは、専門分野を決められないという時の補助的な判断要素として使います。

迷ったら伸びている業界を選ぶようにしましょう。

 

需要を調査するには「分野のキーワード+市場規模、参加者数」などで検索すると調べられます。

りゅうのアイコン画像りゅう
例えば「マッチングアプリ 市場規模」で検索すると以下のような情報がヒットしました。マッチングアプリは伸びていくことがわかりますね。

ステップ④:専門分野の決定

最後に自分の専門分野を決定します。

ステップ①〜③の結果、1番取り組みやすい分野を決定しましょう。

ステップ①:自分の好き、得意、興味がある分野を洗い出す
ステップ②:ライバルを調査 →ライバルが少ない、弱い分野が○
ステップ③:需要を調査 →需要が高い、伸びている分野が○

もしかしたら何個かの分野で迷うこともあるかもしれません。

迷った場合は、自分がより好きな分野を選ぶようにしましょう。

なぜなら長期に渡り、自分の専門分野としての取り組んでいくためのモチベーションは、選んだ専門分野が好きかに尽きるからです。

おさらい

いかがでしたでしょうか。

発信分野は以下4ステップで決めましょう。

専門分野の決め方

ステップ①:自分の好き、得意、興味がある分野を洗い出す
ステップ②:ライバルを調査
ステップ③:需要を調査
ステップ④:①〜③をもとに専門分野の決定

また、発信テーマがどうしても悩んで決められないという人はLINEでアドバイスもしていますので、ぜひご連絡お待ちしています!

LINEに登録して頂くと、発信テーマについて直接メッセージで相談することができます。

さらに、期間限定で「95%のブロガーが知らないブログ稼ぎ方講座」の無料動画も配信しています。

↓↓登録はこちらから↓↓

友だち追加

【残り2名】月20万円を本気で目指す!ブログマンツーマン0円講座

トップアフィリエイターがマンツーマンで指導。

【選ばれた人だけが受講できる】

『ブログマンツーマン0円講座』の2期生を募集中です。

応募期限は7/15まで

詳しくは↓

【残り2名】トップアフィリエイター直伝!0円マンツーマンブログ講座【月20万を目指せる】

この記事を書いた人

【令和の新キャリア】本業×副業で稼ぐ会社員

・本業:コンサル 副業:ブロガー
・本業+副業年収1300万
・仕事と趣味をブログでアウトプットして収益最大化

【経歴】国立大▶︎キャバクラ勤務▶︎SE▶︎コンサル▶︎ブロガー | TOEIC935 | 29才

目次
閉じる