MENU
わずか50記事で月20万稼ぐ!ブログ記事の書き方

アクセス数が倍増するブログのキャッチフレーズの決め方

2020 5/14
アクセス数が倍増するブログのキャッチフレーズの決め方
のアイコン画像
・ブログのキャッチフレーズは決めるべき?
・ブログのキャッチフレーズはどう設定すればいい?
りゅうのアイコン画像りゅう
こんにちは。りゅう(@ryu_skill_up_1)です。

ブログのキャッチフレーズを決めるのはなかなか悩ましいと思います。

僕もブログのキャッチフレーズはなんどもなんども変えています。

刺さるキャッチフレーズはブログのブランディングにも繋がり、アクセス数にも大きな影響を与えます。

今回は

  • ブログのキャッチフレーズは決めるべきか
  • ブログのキャッチフレーズの決め方
  • WordPresブログのキャッチフレーズの設定方法

についてお話しします。

りゅうの経歴

  • 副業ブロガー
  • 【53記事で月18万達成】最小限の労力でブロガーを稼がせる人
  • ブログ3サイト運営 で通算収益7桁

目次

ブログのキャッチフレーズとは?

キャッチフレーズでは、ブログで発信する内容や価値観を一言で表したものです。

例えば、転職術で有名なmotoさんのブログ「転職アンテナ」であれば、

転職で“年収”と“キャリア”を考える

がキャッチフレーズですね。

ブログには転職の年収とキャリアについての情報が載っていそうというのが、わかりますね。

検索エンジン上にも表示されます。

ちなみに、タイトルの下はメタディスクリプションといい、サイトの説明文の箇所になります。

 

キャッチフレーズは決めるべき?

結論からいうとブログのキャッチフレーズはWordpressに設定するかは別として決めるべきです。

なぜなら、ブログのキャッチフレーズを端的に表せるということは、発信内容とターゲットが明確になっているということになるから。

発信内容とターゲットが明確になっているブログは、読者にも刺さるからです。

また、キャッチフレーズがあると、SNSなどでも、ブログを覚えてもらいやすくなり、ブランディングに大きく役立ちます。

 

例えば、僕のブログのキャッチフレーズは『人生の武器になるブログ術』であり、ツイッターでも頻繁にツイートすることで、ブランディングを図っています。

最初にワードプレスブログに設定するかどうかは置いといてとお伝えしたのは、

テーマによってワードプレスのキャッチフレーズに記入した内容が設定される箇所が違ってくるため、場合によっては、SEO的に逆効果になってしまう場合があるからです。

詳細な設定方法は記事の最後の「ワードプレスブログにキャッチフレーズの設定は必要?」のセクションでお伝えします。

ブログのキャッチフレーズの効果|クリック率向上とSEO効果

ブログのキャッチフレーズには大きく2つの効果があります。

キャッチフレーズの効果

  • 読み手を惹きつけてクリック率を上がる
  • SEO的な効果がある

読み手を惹きつけてクリック率が上がる

ブログのキャッチフレーズがまさに自分の興味・関心のピッタシの内容だと、読者はサイトをみたくなりますよね。

もちろんタイトルで表現できていればいいのですが、タイトルは指名検索(サイト名で検索してもらう)を狙うためにも、短めで覚えてもらいやすい名前にしたいもの。

ブログのキャッチフレーズはタイトルよりは長めで、サイトの内容を端的にアピールしたいときに使えるのです。

 

SEO的な効果がある

ブログで狙うキーワードをタイトルにどうしてもいれたくないという場合もあるでしょう。

特に雑記ブログの場合、「りゅうログ」などのように個人名を押し出したいケースがあります。

その場合、キャッチフレーズにキーワードを含めることで、SEO的に認識してもらうことができるのです。

 

ブログのキャッチフレーズの決め方

次にブログのキャッチフレーズの決め方をお話しします。

キャッチフレーズの決め方のポイントは以下の通りです。

キャッチフレーズの効果

  • 狙うキーワードを含める
  • ターゲットの情報を含める

狙うキーワードを含める

狙うキーワードを含めるのはSEO的な観点からです。

例えば、ブログ術であれば「ブログ」というキーワードを含めるようにしましょう。

 

ターゲットの情報を含める

ターゲットを名指しすると、「自分にぴったりな情報がありそう」とターゲットを惹きつけることができます。

ターゲットは、年齢や属性で表現するのと、ターゲットの抱える悩みで表現する方法があります。

キャッチフレーズの例

<年齢・属性>

20代のための転職ブログ」
キャリアアップしたい人の転職ブログ術」
第二新卒のための転職術」

<悩み>

彼女歴=年齢のための恋愛スキルアップブログ」
転職がうまくいかない人を応援します」

雑記ブログのキャッチフレーズの決め方は?

特定のジャンルではなく、雑記ブログで発信している場合もキャッチフレーズの決め方は同じです。

ただ、より自分のキャラを押し出すのであれば、自分を主語にするといいと思います。

例:

「20代1000万プレーヤーの思考法を発信」
「Webマーケブロガーのネットスキル」

この時、ターゲットをパッと思いつかないのは、誰に向けて情報発信しているかが曖昧ということになるので、まずはターゲットを明確にするようにしましょう。

ターゲット設定の方法は以下の記事も参考にしてみてください。

あわせて読みたい
戦略のプロが伝授!ブログのサイト設計方法。ライバルと差をつけよう!
戦略のプロが伝授!ブログのサイト設計方法。ライバルと差をつけよう!前回「誰でも稼げるブログが作れる!ブログで発信する分野の決め方」では、自分がどの分野の情報を発信していくか、つまり自分の専門分野を決めました。この記事では、...

ブログのキャッチフレーズの例

ここではブロガーさんがどんなキャッチフレーズを掲げているかの例を見ていきましょう。

ヨッセンス:効率化オタクのヨスが日本を出て海外移住を達成するブログ

個人のキャラクターを強く押し出したキャッチフレーズとなっています。

雑記ブログの方は、このような個人のキャラを押し出すフレーズは参考になるでしょう。

ヨッセンス:効率化オタクのヨスが日本を出て海外移住を達成するブログ

 

作業ロケット:本気で副業で稼ぐ人のためのブログ

ターゲットとなる人を明示することで、「このブログは自分に合った情報が載っていそうだ!」と気づいてもらうことができますね。

推測ですが、作業ロケットは「副業」に関する情報をメインに発信していますが、タイトル(作業ロケット)に、キーワードが入っていないため、キャッチフレーズで「副業」というワードを含めていて、SEO効果も狙えています。

作業ロケット:本気で副業で稼ぐ人のためのブログ

 

ブログのキャッチフレーズに最適な文字数は?

ブログのキャッチフレーズですが、タイトルと合わせて32文字以内にしましょう。

検索エンジンで表示される文字数が最大32文字だからです。

 

ワードプレスブログにキャッチフレーズの設定は必要?

WordPressのキャッチフレーズは以下の通り設定できます。

「設定」→「一般設定」→「キャッチフレーズ」に入力

 

ただ最初にもお伝えしましたが、テーマによってキャッチフレーズに記入した内容が設定される箇所が違ってきます。

キャッチフレーズが設定される可能性がある箇所

  • Titleタグ内
  • メタディスクリプション
  • H1タグ内
  • H2タグ内

結論からいうとtitleに表示されれば問題ないのですが、H1、H2タグに設定されてしまうとSEO的に逆効果になってしまいます。

なので、よくわからない人は空白にしておけば問題ありません。

 

ただ、titleタグに設定されているか確認したいという人は、

「右クリック」→「ページのソースを表示」で、ソースを設定したキャッチフレーズで検索し、どこに設定されているか確認できます。

 

メタディスクリプションやH1、H2タグに設定されていた場合、修正するためには、ソースコードをいじる必要があるので、初心者にはおすすめしません。

その場合、キャッチフレーズの欄は空白にしておきましょう。

まとめ

ブログのキャッチフレーズは、ターゲットを惹きつけるために決めることをおすすめします。

決めたキャッチフレーズはブログの記事やSNSでも、都度発信することで、ブログのブランディングに繋がります。

ただし、WordPressのキャッチフレーズの欄への設定は、設定しなくても構いません。

p.s

おすすめコンテンツを紹介します!

他ブログにはない、戦略的に効率よく稼ぐためのコンテンツが盛りだくさんです。

↓おすすめのコンテンツ

わずか50記事で月20万稼ぐ!ブログ記事の書き方【大量の記事もアクセスも必要なし】

【無料動画講座】『95%のブロガーが知らない』ブログ稼ぎ方講座

月5万円を目指す|ブログの始め方9ステップ【この記事だけでOK!】

 

【残り2名】月20万円を本気で目指す!ブログマンツーマン0円講座

トップアフィリエイターがマンツーマンで指導。

【選ばれた人だけが受講できる】

『ブログマンツーマン0円講座』の2期生を募集中です。

応募期限は7/15まで

詳しくは↓

【残り2名】トップアフィリエイター直伝!0円マンツーマンブログ講座【月20万を目指せる】

この記事を書いた人

【令和の新キャリア】本業×副業で稼ぐ会社員

・本業:コンサル 副業:ブロガー
・本業+副業年収1300万
・仕事と趣味をブログでアウトプットして収益最大化

【経歴】国立大▶︎キャバクラ勤務▶︎SE▶︎コンサル▶︎ブロガー | TOEIC935 | 29才

目次
閉じる