20代で年収1000万円稼ぐ女性はどのくらい?どうすればなれる?

厚生労働省のデータによると、日本国内の男女を合計してみると20代で年収1000万円を稼ぐ人の割合はおよそ0.2%だそうです。

確かに20代で年収1000万円となるとハードルは高いかもしれません。

しかし、20代女性で年収1000万円稼ぐことができるが職業はあります。

今回は20代で年収1000万円を稼ぐ女性にフォーカスしてみます。

どうのような女性が年収1000万円をもらえるのかチェックしてみて下さい。

今後のあなたの人生の何かヒントになれば幸いです。

具体的なポイントは

  • 20代で年収1000万円を稼ぐ女性の割合
  • どのような職業か、スキルは?
  • 実際に20代で年収1000万円を稼ぐ女性とは

についてです。

目次

20代で年収1000万円を稼ぐ女性の割合とは?

厚生労働省が発表した「平成30年賃金構造基本統計調査」によると、日本国内の20代男女で年収1000万円を稼ぐ割合は0.2%以下だそうです。

20代男性が0.0%で、女性に至っては0%とかなり厳しい状況であることが伺えます。

しかし、女性で年収1000万円を20代で稼ぐのが全く不可能ではありません。

どうのような職業に従事し、どのようなスキルアップをすべきなのかも解説します。

女性もどんどん社会進出する時代です。

活躍の場は日本だけでなく世界にも広がります。

希望と目標を持って突き進めば女性でも20代で年収1000万円は夢では決してありません。

20代で年収1000万円を稼ぐ女性の職業や必要なスキルとは?

女性でも20代で年収1000万円稼げる仕事を4つ紹介します。

ポイントは企業の規模と個人の能力です。

  • 総合商社

大手総合商社なら20代の女性でも年収1000万円を稼ぐことは可能です。

20代後半になれば海外赴任のチャンスにも恵まれます。

また、海外赴任手当も含めると業務内容によっては、年収1000万円はあり得る金額です。

大きなプロジェクトをまとめるなど際立った活躍ができれば年齢にかかわらず年収1000万円を稼げるでしょう。

もちろん高度な語学力(英語の他の外国語も堪能)と高学歴、海外留学経験(帰国子女など)もあれば申し分ありません。

  • 金融系企業

外資系を含む大手銀行や証券会社なども20代から女性でも活躍が十分できる会社です。

特にインセンティブが大きい営業職は女性でも有望な職種で成績次第で20代の女性で年収1000万円は稼げます。

外資系は基本経験者しか採用しませんが、年齢や性別に関係なく実力主義で評価してくれるので高額収入も望めます。

また配属される部署にもよりますが、不動産鑑定士などの資格があればM&Aや財務、コンサルティングなど幅広い分野でも勤務が可能になります。

大手都市銀行や生保でも企業の金融資産を統括する資産運用部門や投資部門は優秀な人材を求めていますのでチャンスはあります。

スキルとしては語学力や留学経験(MBAなど)、不動産鑑定士などがあればいいでしょう。

  • マスコミ

マスコミも20代で年収1000万円稼げる業界です。

ただしキー局(日本テレビ・フジテレビ・テレビ朝日など)に勤務するのがポイントです。

部署としては制作技術であれば20代の女性で年収1000万円はあるようです。

他の部署は大手企業の年収とさほど変わりません。

  • IT企業

女性で20代年収1000万円を稼げる企業にIT関係があります。

外資系を含めITコンサルタント、プロジェクトマネージャーなどマネジメント力とコミュニケーション能力が高ければ年収1000万円は可能でしょう。

Google・Amazon・Twitter・Facebookなどの大手外資系IT企業では営業職で年収1000万円の20代女性もいるくらいです。

20代で1000万円を達成した女性

みなさんの周りに20代で年収1000万円をもらっている女性いますか?

自分から1000万円稼いでいると言う女性もいないでしょうが。

ここに一例をあげましょう。

ある大手アメリカ系証券会社でファンドマネージャーとして勤務する20代後半の女性。

見た目は質素な感じですが、ただ仕事ぶりが半端じゃありません。

自宅から夜中にアメリカ本社とコンファレンスコールやZoomで会議はしばしば。

出勤する時は誰よりも早く会社に着いて、海外マーケットの株価などチェック、経済情報やメールをチェックする毎日です。

この貴重な時間に今日のマーケットの動きを予想し、戦略を練るのです。

マーケットが開くと一気に緊張感でディーリングルームは張りつめた雰囲気になります。

退社は早い方ですが、自宅でも仕事ですから年収1000万円あっても遊ぶ時間が無いのが今の悩みだそうです。

彼女は帰国子女でアメリカの大学院を卒業して、アメリカ本社で採用されました。

現在は日本に住んで20代の若さで既に年収1000万円を超える収入を得ています。

傍から見ればハードな仕事で息抜きもままならない状況ですが、彼女はそれを楽しんでいるようです。

好きな仕事をうまくストレスをためないように自分でコントロールしながらやって行くのが大切なのです。

若い時だからこそ、がんがん働いてスキルを上げ、目標に向かって挑む体力も精神力もあるのです。

ちなみにここで紹介した女性は、今の仕事は若いからできると割り切って、次なる人生設計に向けて頑張っているそうです。

まとめ

20代で年収1000万円を稼ぐ女性についてまとめてみました。

日本の企業では20代で女性が年収1000万円を稼げるのは難しい状況ではあります。

女性で年収1000万円を稼げるようになるのは一般には資本力のある大手企業で役職が付く40代以上とも言われます。

中小企業ではハードルが高くなります。

年収を上げたいのであれば若い20代から人生設計をして、スキルや人脈を作る事を意識しましょう。

そしてオンとオフの切り替えをすることで長く走り続けることができるようになります。

よかったらシェアしてね!

【残り2名】月20万円を本気で目指す!ブログマンツーマン0円講座

トップアフィリエイターがマンツーマンで指導。

【選ばれた人だけが受講できる】

『ブログマンツーマン0円講座』の2期生を募集中です。

応募期限は7/15まで

詳しくは↓

【残り2名】トップアフィリエイター直伝!0円マンツーマンブログ講座【月20万を目指せる】

この記事を書いた人

【令和の新キャリア】本業×副業で稼ぐ会社員

・本業:コンサル 副業:ブロガー
・本業+副業年収1300万
・仕事と趣味をブログでアウトプットして収益最大化

【経歴】国立大▶︎キャバクラ勤務▶︎SE▶︎コンサル▶︎ブロガー | TOEIC935 | 29才

目次
閉じる