20代年収1000万円稼ぐ人の生活レベルを徹底解説

20代年収1000万円稼ぐ人の生活レベルってどのくらいなの?

20代で年収1000万円を稼ぐ人に聞くと、意外と生活が思ったほど楽じゃないと言います。

確かに独身者が多い20代は収入が多い分税金も高く、手取りで約720万円になります。

しかし、20代で年収1000万円はあくまで通過点と捉えたらどうでしょうか?

今後ますます年収が増える可能性だってあります。

暗い話ではなく将来の自分への自己投資と捉えて、手取り720万円もらえる自分は恵まれていると考えてはいかがですか?

今回は20代で年収1000万円を稼ぐ人の生活レベルについて解説して行きます。

具体的なポイントは

  • 年収1000万円だと何が変わるのか?
  • 稼いだお金は何に使うのか?
  • 無計画な生活レベルアップはしない

についてです。

目次

20代で年収1000万円稼ぐと何が大きく変わるのか?

①税金の負担増

一般に年収に応じて所得税・住民税・健康保険料・雇用保険料などが引かれますが、独身者であれば年収1000万円だと手取りは約720万円位になります。

扶養家族がいれば配偶者控除や扶養控除が適用されて月の手取りはもう少し増えますが、20代で配偶者控除が適用される人はまだ少ないでしょう。

また、年収1000万円を超える場合、児童手当が減額されたり、小児医療費の助成が受けられなくなる可能性もあります。

②賃貸住宅の家賃相場

20代で年収1000万円なら高い家賃のところに住めるのではないかと思う人もいるでしょう。

ご存知のように年収1000万円といっても税金などで差し引かれて実際に手元に残るお金は720万円ほどです。これをもとにして家賃を考えなけれなりません。

一般的に適正家賃は手取りの1/3と言われていますから、独身の方なら月20万円が相場だと考えましょう。

簡単な計算方法をご紹介しましょう。

モデルケースとして年収700万円としてみました。

・年収700万円➗12ヶ月➗3=19.444となります。

子供のいる家庭の場合は、共働きなら少し条件が変わる可能性がありますが、子供の教育費や保険料などをさらに考慮(マイナス5万円)して月15万円が適正相場だと考えて下さい。

③住宅ローン

20代で年収1000万円あればどれくらいの住宅ローンが組めるのでしょうか?

頭金がどれくらい用意できるかにもよりますが、独身の方なら頭金なしで組める住宅ローンは3000万円くらいだと言われています。

もちろん夫婦共働きであれば条件は変わってきます。

④食費・娯楽費など

20代年収1000万円の独身の食費は約9万円(外食含む)で、娯楽費は約5万円と言われています。

その他には光熱費・通信費・交通費・被服費・日用雑貨なども入れると20万円程度かかることになります。

こちらも家族がいれば支出が増加することも考慮しましょう。

⑤貯蓄

共働きの場合、世帯年収が1000万円を超えれば住宅ローン、家賃なども上限が上がりますが、現実は将来を考えて少しでも貯蓄に回している人がほとんどです。

20代で1000万円を稼いでいる人の平均貯蓄額は150万円ということです。

20代で1000万円稼ぐ人の使い道は?

①欲しいものはなんでも買える

年収1000万円あれば貯蓄を考えなければ大抵のものは買えます。

住宅ローンもその気になれば数年で完済できるかもしれません。

しかし、計画を立てて生活しなければ高収入でも生活が苦しいということになりかねません。

②自己投資に使える

20代で年収1000万円あれば将来の自分への投資に使ってみてはいかがでしょう。

目標を立てて資格を取る、学校に行くなど稼いだお金は自己投資に回して将来さらなる収入アップを目指しましょう。

また、不動産投資などで副収入を得て、インカムを狙うまたは将来の値上がり時に売却してキャピタルゲインを得るなど、20代で年収1000万円あれば選択肢も多くなります。

20代で自己投資してベースづくりをすれば50代以降の人生も大きく変わります。

年収1000万円あるからといって、欲しいものを購入しているとその後の人生設計が大きく分かれる分岐点になるのが20代と言えます。

無計画な生活のレベルアップはしないことがポイント

20代の若さで年収1000万円を稼げるようになり、周りを見ると欲しいものばかり。

特に独身であれば稼いだお金は好きに使えるからと、車や住宅など無計画に生活のレベルを上げては取り返しのつかない事態になることもあります。

無理な住宅ローンを組んで、あてにしていた賞与が減り、年収も激減、ローン返済計画が狂い始め最終的にマンションを売却することになるケースがあります。

年収1000万円あっても住む地域によって、生活レベルはさまざまです。

一度上げた生活レベルは元に戻すのが大変です。

今あるお金は将来のための資金と割り切って貯蓄や自己投資などに回しましょう。

家族ができれば思わぬ出費も増えます。

また、世界情勢や自然災害など予期せぬ出来事で仕事を失うこともあるかもしれません。

明るい未来のために、20代から将来設計をしっかり立てて実践して行くことが大切です。

まとめ

20代年収1000万円の生活レベルいかがでしたか?

収入が増えれば税金や各種控除もなくなる可能性があります。

一方で年収が一気に増えれば欲しいものだって出て来るでしょう。

しかし、今ある年収1000万円は将来の自己投資と考え、支出は収入に見合った分だけと肝に銘じておきましょう。

20代で年収1000万円あればその気になれば、欲しいものはいつでも買えます。

今は慌てて浪費しないことが大切です。

20代年収1000万円はこれからの大事な人生の“種”として蒔いておきましょう。

よかったらシェアしてね!

【残り2名】月20万円を本気で目指す!ブログマンツーマン0円講座

トップアフィリエイターがマンツーマンで指導。

【選ばれた人だけが受講できる】

『ブログマンツーマン0円講座』の2期生を募集中です。

応募期限は7/15まで

詳しくは↓

【残り2名】トップアフィリエイター直伝!0円マンツーマンブログ講座【月20万を目指せる】

この記事を書いた人

【令和の新キャリア】本業×副業で稼ぐ会社員

・本業:コンサル 副業:ブロガー
・本業+副業年収1300万
・仕事と趣味をブログでアウトプットして収益最大化

【経歴】国立大▶︎キャバクラ勤務▶︎SE▶︎コンサル▶︎ブロガー | TOEIC935 | 29才

目次
閉じる